スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩麹

スーパーに米こうじが売っていたので、
とりあえず作ってみる事に・・・。

作り方は米こうじの袋の裏にあった三五八漬けの素の作り方と
ネットで検索した情報を総合したものです


用意したもの
米こうじ200グラム(315円)
お粥1合(炊飯器の目盛りの水分量そのまま)
お水150ml
塩80グラム(ゲランドの塩)
蓋付きのボール(炊飯器の内釜で湯煎出来るサイズ)
保存容器(アルコール消毒しておく)

1. 炊飯器でお粥を炊き、出来上がったらすぐ
内釜を取り出して混ぜながら冷ます
2. 米こうじに水をなじませておく
3. お粥が60℃より下がったら米こうじを混ぜる
4. 炊飯器の内釜に湯煎出来るサイズの蓋付きのタッパーなどに
出来たものを移す
5. 内釜をきれいにして湯を張り保温にしてボールをセット
蓋は割り箸などを挟んで密閉しないようにして
上からきれいな布巾を掛け、タオルを2枚ほど載せる
6. 保温が安定したらおやすみ保温などの低めの設定に下げる
 (設定温度が60℃以下であることを確認)
7. 2時間ごとに温度を確認してかき混ぜる
8. 6時間経って甘酒の香りがして上澄みが澄んでいたら出来上がり
9. ボールを取り出し、塩を入れよくかき混ぜる
10.アルコールで殺菌した瓶等に入れ冷えたら冷蔵庫で保存

10日ほど置いたらまろやかになるそうです。
出来立ては甘さと塩っぱさが別々に存在している感じ。

出来上がりは液体でもないドロドロの中にお米の粒があるややクリーム色
箸を入れるとつぶつぶがくっついて来ます。


2012022402.jpg

一番小さい瓶がスーパー等で売っている塩麹と同じサイズ。
500円前後なので、作った方が断然安心でお得だと思います。

納豆の調味料としても美味しいらしいので楽しみ!
野菜のスティックはまぶした状態で一晩おき、洗わずにそのまま食べられるそうです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

あひる

Author:あひる
家鴨のくちばしからこぼれる
言葉のかけら・・・
拾い集めてみました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。